スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「道」を極める

 「道」を極める~という本筋に戻ります。 ページを繰ると、約1年前に 「里程標石」 探索の記事を書いています。 今は、この2か月ほどは、それに集中していました。
 近々正式のレポートをまとめるので、その前にここでネタをばらしてしまうのは止めます。 が、抽象的な表現で 「寸止め」 公表してしまうなら、井原市域で既に文献として公表されているものを含む6基の実物と、1基の伝承を再発見 (再度収録)することができました。

 旧井原市では、東西に旧山陽道が横切ります。 併合された、旧・芳井町を含めた新井原市では、南北に東城往来が走ります。 その各々に、「標石」 のグループが存在します。 前者は押しも押されもしない、有史以来の国道級です。 後者は中国山地の背骨の街・東城と瀬戸内を結び、下世話にいうと、北向きに塩/南向きに酒が運ばれました。 北から鉄が運ばれてきたことは言うに及びません。 ご一新の世になっても、各々の道の重要性は変わりませんでした。(今では、相対的に地位が低くなりましたけれど)

井原13里6_4

   ここで、写真で示すのは、東城往来にある岡山から十三里の標石です。
   旧山陽道を西に進んで、今でいう井原市街に入る地点:七日市辺りで
   北に進んで間もないところにあります。
   写っている面は本来右面で文字は冗談で墨書されており、道に直面し
   た側が碑表で 距岡山元標十三里 と刻まれています。
   明治面した面にあります。 年季はありません。

 これらの標石は明治20年前後に県下に広く建てられました。 人類は古今・東西で同じことを繰り返してきましたが、「道」 は統治の骨格で動脈です。 時あたかも、我が国が 「富国」 と 「強兵」 に邁進した時期です。 往時の公的記録 (岡山縣布達類:県レベルの官報) を読み解くと、市町村間の旅程をあらかじめ知っておくことが、徴兵に直結した大事であることが判ります。 「徴兵通知を届ける吏員の頭数を算定し、出て来る兵士の集合時間を算定するのに必要」 という意味のことが記されています。

 得られた画像を公表するには、少し時間を下さい。(2014-01-19 代表的な画像を公開しました)
スポンサーサイト
プロフィール

ラスカル君

Author:ラスカル君
ブログ『極道』へようこそ!
予測を裏切る可愛い顔ですみません。
大昔、某私大の学生さんが、更に
20年前を想像して書いてくれた、
『Y教授の若い頃』

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。