スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふゆのつばき

  畏敬する友人宅に 「なつつばき」 が咲いたという。 『沙羅双樹』 と書くと想いは数千年の彼方に遡るが、それとは別物で、「シャラノキ」 という。 動植物の名前は学術的にはカタカナで書くものだそうだが、この場合は漢字の 「夏椿」 が好ましい。
  わが方でも、どこかで遭遇した 「夏椿」 の画像を掲げたいが、あいにく手許にない。 苦し紛れに、

            冬の椿
  画題は 「冬の椿」    08年の冬に、「夏椿」 で著名な藤戸寺に行ったとき、当然、奥庭では裸樹にしか逢えなかったでしょう、前庭に咲いていた一輪。

  今の我が家では、「なつすみれ」が咲き始めた。 こちらは 「夏の菫」、別名、トレニア、暫くすると去年の実から芽生えたものが庭一面に広がる予定だが、新しい色を手に入れた。

  A100522CC_23_433.jpg

        A100522CC_21_533.jpg

お粗末な一席
 
スポンサーサイト
プロフィール

ラスカル君

Author:ラスカル君
ブログ『極道』へようこそ!
予測を裏切る可愛い顔ですみません。
大昔、某私大の学生さんが、更に
20年前を想像して書いてくれた、
『Y教授の若い頃』

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。