スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もちきち

かき餅 おかき 煎餅 様々な呼び名があるが、通販に力を入れている店はいろいろあります。
わたしは、メルヘンチックな意味で、京都郊外の「平安の雅」を柱に建てている店をひいきにしていますが、いずれ具体的に書きましょう。

今日は、店舗の地名が面白いので掲げてみます。
   直方市 下境 2400番地
    字 米もちだんご村 餅乃神社前
      KK もち吉

A120412Omnibus_13.jpg
内容的には、「しょうゆ」 と 「サラダ」 に限る範囲では、味付けがそれほど強くないので、悪くないです。
新築の配りものなので、価格については論評できせん。

註 Google 地図で見ると、関連工場も含めると、駐車場付きの野球場ほどの広さの地域を占めているようで、ほぼ中央に 『餅乃神社』 があるようです。 流石の Google 社も、写真は提供していないようです。

スポンサーサイト

もちくさもち


共通語は よもぎ でしょうが、「もちくさ」と呼ぶ地域も多いようです。
それと同じ慣習で、よもぎを用いた餅あるいは団子を「草餅」と呼ぶのはこの列島では珍しいことではないのでしょう。
 A120412Omnibus_18.jpg

「これは 柏餅 だ!」と言われそうだが、よもぎ団子です。
瀬戸内筋では、「御座候」と言えば姫路の今川焼・太鼓饅頭の代名詞すが、これは季節限定商品。
色、香は「栄太楼」の 草もち には負けるが、味わえます。
プロフィール

ラスカル君

Author:ラスカル君
ブログ『極道』へようこそ!
予測を裏切る可愛い顔ですみません。
大昔、某私大の学生さんが、更に
20年前を想像して書いてくれた、
『Y教授の若い頃』

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。