FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方位感覚 つづき

  直前に書いた中で、「真東」を太陽に依存して決めるのは難しい・・・という主旨は伝わったでしょうか?


   いにしえ人が、「直角」をどのように作っていたかにも大きく依存します。  今の知識から遡って推測すると、直角を実現するには、大別して、2つの方法があります。  ひとつは、手許の道具で作り出すことです。  例えば、コンパスあるいはぴんと張った一本の縄。  これで、「菱形の対角線は直交する」定理を使います。  「縄」を使う、異なったバージョンは、私が夢想して、その後書物の中で読んだ話が、「ピタゴラスの定理 3:4:5」です。  書物に依ると、「12個の結び目を持った縄のリング」だそうです。   

  大別の2つめは、北辰と太陽を使う方法です。  北辰の方向で「南北」を定めます。  晴天の夜なら容易にできます。  次に、「鉛直」の立てた棒の影を地面に写し取ります。  南北が判っていますから、その前後で影の長さが同じとき(午前と午後)の影の先端を結べば「東西」が得られます。  晴れた日ならば、季節に拘わらずできます。
  原理的には南北がなくても決まりますが、完全な鉛直と完全な水平面が作れないときには、精度が極端に悪くなります。  つまり、予め南北線が定まっているなら、「影が同じ長さになり、且つ、影と南北線との角度が等しい」条件を探れば精度が上がるからです。  つまり、「日(太陽)時計」の原理の一部分だけの導入です。
  ここで、時計のことを、再び、書いておきましょう。  近現代の意味で天文学を確立するには、「時間差」だけでなく、「時刻」を読み取る時計が必要になります。  水時計や砂時計は前者の読み取りに適した装置です。  「日時計」は、方位が定まったときに、はじめて、「時刻」を示し得るのです(水平と鉛直の設定技術は必要!)。  つまり、「方位」を決めることと「時刻」を読むことは、裏表で、お互いに補完・従属的な技術なのです。


   このように見て行くと、北辰と太陽に頼り切った技術では、「正方位の」メッシュは容易に創れますが、たとえば30度も傾いたメッシュは作成困難です。  仮に、「東西」を特定の季節の(あるいは特定の山頂からの)日の出に依存するとしたとき、「南北」の決定を星に頼ることはできません。



   いま、筆者は、菱形のメッシュは存在しないものか? 本気で捜しています。 つまり、南北が正方位で、東西が春分・秋分以外の日の出に依存している例が存在したら新しい「定説」が生まれます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラスカル君

Author:ラスカル君
ブログ『極道』へようこそ!
予測を裏切る可愛い顔ですみません。
大昔、某私大の学生さんが、更に
20年前を想像して書いてくれた、
『Y教授の若い頃』

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。