FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石のしるべ~里程標 3~

  上中野/根引の里程標の議論の続きです。
草稿「2」で、根引・六里が予想外に短か過ぎる印象を払拭する論考を試みたわけですが、棚上げにした第三のモチベーションについて書いておきます。 議論は、岡山-由加の往来から外周に出て、「金毘羅往来」に関わる議論に踏み込みます。
 
  「金毘羅往来」に関する近年の論考の代表は、岡山県教育委員会主導の「岡山の道」シリーズ報告書を外すことは出来ません。 事実、我々の調査活動でも大いに参考にしました。 その中、冒頭部分で、城下から下津井湊までの距離に、『八里三十一丁二十間』(1647年版)と『九里十二町』(1813年版)の両説が有ると記載されています。  明治10年代の道路事情を踏まえた視点から見るとどうなるかというのが、ここでの我々の論考です。

  まず、一番長いであろう、倉敷村経由を考えて見ます。 話は簡単で、倉敷村経由の里程標にはいずれも「下津井管轄標までの距離」が明記されていますから、適宜なものを読み取って橋本町迄の距離を足すだけです。
串田の七里を例にとれば、「下津井迄四里一町」で、結果は、十一里一町です。  是は当初の予想通り、過長です。
  次に、最短であろうものは今回議論している径路で、興除村を横切るルートです。 この径路と標準的な「金毘羅往来」ルート(妹尾から早島経由)は現在の「郷内交差点」付近で接しますから、計算は簡単です。 「根引まで六里」を根拠にして、郷内交差点まで戻ると六里マイナス5km程度で、郷内交差点は串田里程標から1km程度南なので、併せて十里一町マイナス6km、つまり八里十九丁程度になります。

  ここでの暫定的な結論は、「八里三十一丁」では今想定されている妹尾-早島経由は困難なようです。 妹尾の街中から早い時点で南を目指そうとしても、1813年の時点で興除は海の中ですから、現・県道21号相当を進むことは出来ません。 妹尾までに短絡路の可能性があったのか? 実測に問題があったのか? 今の地図上で(現地で)測り直す必要が有るかもしれません。

註1> ここでは、距離の原点として橋本町を採るか(明治以降)/千阿弥橋にするか(江戸期)の差異は無視できるとしています。(山陽道/津山往来の場合は無視できません)
註2> 下津井管轄境は、下津井湊より2km(半里)ほど東にありますが、現・吹上港付近に至ってからの東進/西進の距離差は無視できます。
註3> 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラスカル君

Author:ラスカル君
ブログ『極道』へようこそ!
予測を裏切る可愛い顔ですみません。
大昔、某私大の学生さんが、更に
20年前を想像して書いてくれた、
『Y教授の若い頃』

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。