FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

景気動向研究所A

 喰いもんシリーズを掲げます。 父母のお盆の手向けに、松江の不昧公好みの菓子の組み合わせが届きました。 その中の一品 「氷室」 です。
 氷室

 噛むと、シャリシャリと音がして、口の中に上品な甘みが広がります。 淡い色に相応して、薄荷の味や果物の味が添えてあります。 空調機も冷蔵庫もない時代の雅びな人たちの遊びを想わせます。
 菓子皿として、塗り椀の蓋を探したが、見つからず残念。 砥部焼の色絵が付く時代以前の淡い淡い緑味灰釉の皿もまた良いが、手元の六寸皿では菓子には合わない。

 「景気動向研究所」 として、和洋の菓子・デザートについて続けます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あらっ私ごのみ~!

まあ、なんとお上品な和菓子!色付きの文字
松江は御茶が盛んなところですよね。
この季節限定のお菓子?
これからも景気動向研究所のレポート
期待してまぁ~す!

らっしゃい!

花かぁちゃんの眼にとまったとすれば、本物だぁ~
このBlogぢゃなくって、「氷室」 がです。
また、夏らしいものを用意してお待ちしています。
プロフィール

ラスカル君

Author:ラスカル君
ブログ『極道』へようこそ!
予測を裏切る可愛い顔ですみません。
大昔、某私大の学生さんが、更に
20年前を想像して書いてくれた、
『Y教授の若い頃』

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。