FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M31年地図 0

  これまで何度も、「明治31年(1898年)地図」について述べました。  この資料について、少し詳しく触れておきます。

  資料の正式名称は;-
日本帝国(陸軍)陸地測量部地形図 「御野村」および「岡山」[明治28年測量/同31年刊行] です。  縮尺は1/2万 です。

  正確に書くと、私の手許には、この地図の刊行物あるいはその一次コピーがあるわけではありません。  もっと正確に書くと、今から20年ほど前に別の目的で第一次コピーを手に入れて、丁寧に読んだことはあります。  ファイルの中に残っているはずが、「岡山」の残滓だけが残っていて、より引用頻度の高い「御野村」は見当たらないのです。
  今参照しているのは、先達たちが引用刊行された(実寸でない)ものです。  刊行物の所在は、少なくとも、岡山大学で確認されています。  他の地域をも含んで相当な枚数が、「旧・第六高等学校蔵書」の朱印を捺したものとして引き継がれています。
  岡山市や岡山県の保管物があるかどうかは確認できていません。

  リアルタイムの現在に至って、それらの地形図を基にした「計測」を開始する時期に来ていますが、実物の入手をどうするか思案しています。  このような作業では、可能な限り原本に接近するのが鉄則ですから。
  先達を非難する積りはありませんが、縮尺が明確でない/地名などに新漢字での貼り直し(横書き調整)がある/などは、「一部改変」と記してあっても、情報量の欠落が恐ろしいからです。

  あっ、地形図のタイトルは「村野御」/「山岡」なのです。  念のため!  さらに、「野」の字はこの字体と旧字体(「堅」に似た配置の)が混用されているのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラスカル君

Author:ラスカル君
ブログ『極道』へようこそ!
予測を裏切る可愛い顔ですみません。
大昔、某私大の学生さんが、更に
20年前を想像して書いてくれた、
『Y教授の若い頃』

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。