FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郷土史資料

  妖しげな爺さんが、自由通行路といえども、駐車場をタメツスガメツしていたので、地主のF夫人は、最初は訝しげでしたが、直ぐに打ち解けて、自宅(小物店)に招じ入れて、一冊の冊子を貸して下さいました。

  「津島のむかし」という、郷土資料(副読本/津島学区コミュニティ協 1992年制作)でした。  難しげに言えば、市史の引用や地元伝承を書き留めたものなんで、学術的再検討は必要ですが、意味深い資料です。  <入手したいので、地元の古本屋さんに訊いたら、「業界では、『自費出版扱い』で、値は付けられない(扱わない)」という幾らか冷ややかな反応でしたけれど・・・>

  とまれ、今後の精査のヒントを沢山頂きました。  例えば、これは今は「証拠採用」には至っていませんが、「七ツくろ 古墳(烏山の南への突出部)」の7個が並ぶ南北ラインは、X=-13 推定ラインの10~15m西に存在するようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラスカル君

Author:ラスカル君
ブログ『極道』へようこそ!
予測を裏切る可愛い顔ですみません。
大昔、某私大の学生さんが、更に
20年前を想像して書いてくれた、
『Y教授の若い頃』

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。