FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校の敷地 2

  伊島小学校の場合を記します。  先にも述べたように、この敷地は、幼稚園の部分や後に作られたプールを除けば、典型的な1坪2/3 のスタイルと思われます。

  3つのことに注目しました。  周辺の道路状況/校門(通用門)の設置状況/京山山頂との位置関係(ここ固有の問題)です。

  まず、坪境と関係する校門に関しては、北と南にありました。 つまり、「坪境ラインに開口を置く」 というルール[筆者の仮説]が守られています。  南北の校門の東西位置は、15~20mずれていますが、それぞれに繋がる南北道はあって、その2本は「理想的な坪境」を挟んで、北側は東へ、南側は西へ7~10m「ねじれて」いるように判断されます。

  第2、第3の注目点に応える写真を2枚掲げます。

伊島小北辺東向き

伊島小北辺西向き


  ここで、撮影場所は北門近辺で、前者は東向き、後者は西向きに撮ったと理解して下さい。  余り注釈を加えたくないが、前者では、実に怪しい(妖しい)空閑地が写っています。  幅は2m弱、長さは約30mです。  行き止まりですが、門(鉄柵)が作られています。
  2枚目の写真については、京山山頂がこの位置に望まれることだけ書いておきます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラスカル君

Author:ラスカル君
ブログ『極道』へようこそ!
予測を裏切る可愛い顔ですみません。
大昔、某私大の学生さんが、更に
20年前を想像して書いてくれた、
『Y教授の若い頃』

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。