FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大正10年代の資料

  今から100年前が何も判っていないことに気づかされます。  畏敬するY学兄から、大正10年代の市役所の図面の存在を教えていただきました。

  無条件の公開資料ではありませんから、詳しく書く積りはありませんが、ある地域について、田圃の一枚一枚の地番まで判ります。  法務省所管の「登記簿」と対になった、行政役場所有の「切り絵図」に相当するものの、特定用務のための写しです。

  この場合には、当時の道路事情がわかることと、小字名(坪名に大きく関わる)が判読できることです。  永山卯三郎氏の「条里地図」の絵解きには判読困難な文字もありますが、相補的に理解を助けてくれます。

  行政資料は近世の歴史の宝庫で、丁寧に保存されること、詳しい検索システムが作られること、もちろん、適切に公開されること・・・が大切です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラスカル君

Author:ラスカル君
ブログ『極道』へようこそ!
予測を裏切る可愛い顔ですみません。
大昔、某私大の学生さんが、更に
20年前を想像して書いてくれた、
『Y教授の若い頃』

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。