FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古代尺の検証

  このBLogの目的は、遡って「条理探求プロジェクト」のモーティヴフォースの一つは、「古代尺」を検証することにありました。

  フィールドワークが大分進展したので、数日前から数理解析を始めています。  結果は後に述べるとして、動機や手法について考えを纏めておきます。
  一番最初は、ごく単純に、「条里メッシュ」を丹念に読み取っていけば、その最大公約数として、「1尺」が決まると考えていました。

  ここで、話が大きく逸れますが、在職中のライフワークについて記しておきます。  所詮、一物理学徒の仕事ですから、自慢話でも何でもありません;-
  簡単に書くと、「3万光年離れた双子星が回転しながら放射する、微かな信号を測り、膨大なノイズの中から信号の法則性を示そうと試みた」と言えましょう。  光が(電気信号が)3万年かかってやってくるような全現象を、約2.4時間の周期に分解して、その内の特定の12分間に特異なものがあることを検証(しようと)します。
  言い換えると、コシヒカリ1俵の中から3~5粒のアケボノの米粒を見つけるような作業です。  10年続けると、俵は20個ほど溜まると思って下さい。  見つけ出したいのは、コシヒカリの中の石粒でも、インディカ米でもないのです。
  こんなベースに立てば怖いものは何もありません・・・と思ってスタートしました。

  幾らかの試算もして、数理解析技術の問題はどうにかなると思ったところに、2つの大きな問題が発生しました。  第一の問題は、物差しに関する学界の定説が、多分ないことです。  それはそれで良いのですけど・・・  つまり、「教科書」には、『条里のゲージは「約109m」で、これは、360尺に相当』と書いてあります。  これは、ハテナ? です。  計算が合う合わないの議論がないわけではありませんが、条里の施行年代に直結させることを急いで議論が破綻している例まであります。
  具体的に書きましょう。  正倉院の御物などを参考にするとき、天平・奈良の国家基準(公尺)を29.66±0.03cmと想定することは一応確定しているようです。  土木現場でこの物差しが使われたとすると、360尺は109mには2.4mほど足りないのです。  109mは約368尺に相当します。
  これを凌ぐには、二つの説明がなされるようです。 一つは、土木現場では「民尺」として、つい戦前まで公式尺であった「曲尺(かねじゃく)」が1300年前に普及していて、それに依ったと言う説。
 二つ目には、同じ正倉院に「天平尺」と理解されている(最近の学説では「南宋」製の追納品とする)尺に最長で30.7cmのものがあるので、過渡的に30.3cmがあっても問題ないとする立場。
  筆者は、どちらも苦しいと思います。  素朴に始めたことよ! と自分にあきれながら、この混迷を見ると、「尺の追求」も的外れではなかったと思います。

  次に大きな問題は、既にどこかで書きましたが、「道&用水」は設計数値に予め組み込まれているのか? 後から捻り出されるのか? という問題です。  この議論に付いての筆者の認識は、ごく最近に「予め組み込まれていたかも知れない」とする議論が芽生えたと考えます。  藤原京、平城京などの復元作業などの中で、都市工学の人の参加が進む中で、新しい視点が育っているように思います。
  只今では、そのところに筆者の重点が移っています。  これはもっと根源的な問題ですから、これを解決しなければ「古代尺の検討」には進めないからです。

  他方で、「農耕地/畦道」ではなく、「道路」の観点からの見直しも進められ、「条里余剰帯」の概念や実際の発掘事例が出始めています。  その「美味しいとこ取り」をすると、クニの間の往還道の例では『江戸時代の「街道」の幅は2間程度、古代の「大道」は15丈=45m』は極端だとしても、『発掘事例では6,9,12,18m(最大公約数10丈)が認められている』[いずれも木下良 2001年]と論じられています。

  県営グラウンド・メインスタジアムの「大溝遺構」の計測例では、
発掘幅最大12m、最痰0mで、同じ延長線上で発掘幅10mと記載されています。  いずれも、後世、「溝」が埋め戻され「道」に転用されたと理解されています。

  この課題は、結構困難な課題です。  積極的に発掘のための発掘をするのならともかく、地表遺構から推測する限り、コシヒカリの中でアケボノを探す作業に限りなく近いのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラスカル君

Author:ラスカル君
ブログ『極道』へようこそ!
予測を裏切る可愛い顔ですみません。
大昔、某私大の学生さんが、更に
20年前を想像して書いてくれた、
『Y教授の若い頃』

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。